やりたいこと

Thymeleafのビューで、java.time.LocalDateなどJava SE 8で入った日時クラス(Date and Time API)を使いたい。

Date and Time APIについてはこちらをどうぞ。

Java日付時刻APIメモ(Hishidama's Java8 Date and Time API Memo)

(蓮沼さんの資料は何故か見つからなかった・・・)

Thymeleafの拡張機能を追加

Thymeleafには、Date and Time APIを利用するための拡張機能があります。

https://github.com/thymeleaf/thymeleaf-extras-java8time

本体に入っていないのは恐らく、Thymeleaf本体はJava SE 6でコンパイルされているからだと思われます。

thymeleaf/CONTRIBUTING.markdown at 3.0-master · thymeleaf/thymeleaf · GitHub

pom.xmlに依存性を追加します。

<dependency>
    <groupId>org.thymeleaf.extras</groupId>
    <artifactId>thymeleaf-extras-java8time</artifactId>
    <version>3.0.0.RELEASE</version>
    <scope>compile</scope>
</dependency>

Dialectの追加

TemplateEngineをnewしている場所で、Java8TimeDialectを追加します。

templateEngine = new TemplateEngine();
templateEngine.addDialect(new Java8TimeDialect());

ビューからの利用

こんなクラスがあって、

public class Employee {
    ...
    private java.time.LocalDate joinedDate;
    // getter/setter
}

ThymeleafでjoinedDateをフォーマットして表示するには、下記のようにします。

<tr th:object="${employee}">
    ...
    <td th:text="*{#temporals.format(joinedDate, yyyy-MM-dd)}">2020-01-01</td>

簡単ですね!

その他の機能

こちらのREADMEに、一通りの機能が説明されています。

https://github.com/thymeleaf/thymeleaf-extras-java8time