ハロプロエッグ改めハロプロ研修生の「発表会」 横浜BLITZで例年行われていたものが、日本橋に移動しての初開催。

当初、見る予定がなかったのですが、ふーちゃんこと小数賀芙由香が正式に復帰するお披露目イベントということで発作的にチケットを押さえてしまった。だが、後悔はしていないw

HPに課題曲と傘下メンバーが掲載されており

1 Go Girl~恋のヴィクトリー~(モーニング娘。曲) 全員

MC1

2 まじですかスカ!(モーニング娘。曲) 金子・高木・吉橋・浜浦・茂木・小川・小数賀

3 本気ボンバー!!(Berryz工房曲) 金子・宮本・吉橋・田口・茂木・小川

4 ぁまのじゃく(スマイレージ曲) 宮本・高木・大塚・小数賀

MC2

5 通学ベクトル☂(℃-ute鈴木愛理曲) 金子・大塚

6 原色GAL 派手に行くべ!(後藤真希曲) 高木

7 直感2~逃した魚は大きいぞ!~

(モーニング娘。曲) 全員

MC3

8 The 美学(松浦亜弥曲) 金子・高木・大塚

9 夢見る15歳(スマイレージ曲) 金子・田口・小数賀

10 CLAP!(Berryz工房曲) 金子・宮本・高木・吉橋・浜浦・山賀・小数賀

11 JUMP(℃-ute曲) 全員

MC4

12 ピョコピョコ ウルトラ

(モーニング娘。曲) 全員

このようになっていた。りっちゃんこと金子りえが八面六臂の大活躍だった事がわかる。以下感想。

金子りえ。。。ルックスよしプロポーションよし歌唱よしで三拍子揃った印象。同期の譜久村、竹内がすでに第一線で活躍中のため彼女にもデビューの期待がかかる。

宮本佳林。。。カリンちゃんさんはそもそも新ミニモニ。の正式メンバーであり、コピンクスのテーマ曲を歌うれっきとしたソロ歌手である。が、何故か娘。9期オーデでもスマ2期オーデでも落とされるといいう不遇な扱いに甘んじている。そのアイドルオーラは文字通り他を圧しており、娘。次期エースである鞘師里保をして「宮本佳林ちゃんさん」と呼ばしめた強者である。多くの観客が「宮本佳林ショー」を期待する中での公演だったが、残念ながら、フィーチャーされた曲は少ない。その中で特筆は、スマイレージの「ぁまのじゃく」での小数賀芙由香との共演。ともに2期オーディション参加メンバーであった宮本、小数賀コンビによる「プレスマイレージ」がここに実現した。MCでは「GDP」(じーちゃん大好きプロジェクト)を披露。客席の佳林ファンを喜ばせた(謎

小数賀芙由香。。。実力未知数、直前参加、病み上がりなど計算できない要素多数だったデビュー公演。だが、フタを開ければ堂々のステージングで観客をうならせた。持ち歌であるスマイレージ曲には全て参加。現役スマイレージメンバーが客席から(幻のイメージカラーである)オレンジ色のサイリウムを振ってふーちゃんの復帰を祝福した。かつて「ブスにならない哲学」にも参加経験のある小数賀芙由香堂々の復帰である。っていうか、もう明日からスマイレージに復帰でええやん。佳林連れて。そう思ったくらいハイレベルなステージング。ただし歌は上達していないw

高木紗友希。。。さゆべぇこと高木紗友希は「佳林のファンはじっちゃんが多いが高木のファンは高校生とか若いのが多い」という説を「そんなことないよ」と否定したことで一部に有名になったエッグである。今回、田辺奈菜美、大塚さくら欠席を受けて唯一のソロパフォーマンスを披露、圧倒的なポテンシャルで客席をうならせた。

とにかくハイレベル。そこいらのアイドルが束になってもかなわないクラスのパフォーマンス。今すぐユニットデビューでいいくらいだと思う。さ学、エビ中の強敵になること請け合いである。が、恐らくそうするよりも、即戦力としてハロプロの各ユニットに配属されるのかな(あるいはアンダー的に起用されるのかな)と思うくらい「仕上がってる」のが印象に残るパフォーマンスだった。この集団ならまのちゃんやきっかを生んでも不思議わないわなと思った。


総括 佳林ちゃんぶるんぶるん、イナフ! りっちゃん早くデビューしろ! ふーちゃんサイコー! だぐっちちゃっちゃいw そんなところやよw