台湾のパルから手紙が届いた。

彼女が最初に書いていたのは、台湾でカラーパウダーが原因でたくさんの人がやけどをしたこと、

それに対して、日本が皮膚やベッド、検査器具などをたくさん支援してくれたことに対する

感謝の気持ちが綴られていた。

「やっぱり、日本ですね!」と。

4年前に日本は台湾に助けられているから、と彼女にLineで送ったら、

彼女が台湾のニュース動画を送ってくれた。

そこには日本人医師がマイクを向けられ、

「日本は4年前に台湾に助けてもらった、今度は日本の番です。」と話していた。

きっと多くの日本人が同じように思ってニュースを見つめたことだろう。

善意の連鎖というのだろうか、日本と台湾のように両国民が友情を感じる国もあれば

なんだか噛み合わなくて、ストレスを感じる国もある。

どちらも一度、その方向で回り始めたら止めることが難しいように感じる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村