2017/8/9

https://www.tomamin.co.jp/fcontents/abc//original/news_block_image/09/KP10109110532627.jpg

 白老町のアイヌ民族博物館で6日、第4期伝承者(担い手)育成事業研修生による公開講座「アイヌ語でうたおう!ウポポ・アイヌの座り歌」が行われた。事前準備を進めてきた研修生たちは、阿寒と平取に伝わるウポポを来場者に紹介。来場者は研修生の指導の下、シントコ(行器)のふたをたたいて拍子を取りながらウポポを体験した。

 今年4月から同館でアイヌ文化などの伝承に向けた研修を行っている。初めての公開講座に当たり、研修生たちは講座内容の設定から資料作り、アイヌ文化に触れるのが初めての来館者にも分かりやすく伝えるための工夫など、事前準備を進めてきた。

 この日の講座では、自己紹介から始まり、ウポポについて、歌い方や拍子の取り方、ウコウク(輪唱)などを解説。その後、阿寒に伝わる「ウララ スイェ」を篠田マナさんが指導し、「阿寒の歌は高い音程で歌う傾向があったり、喉を意識した節を使うのが特徴です」と説明してから来館者と一緒に歌を歌った。また、川上さやかさんは平取に伝わる「ヘトゥヌプ ヘ カラカラ」を紹介。1曲目よりもテンポが早くなったが、川上さんの分かりやすい指導で来館者たちはすぐに歌うことができた。

 参加者たちからは「とてもリズムが良いので初めてだけど楽しく参加できた」「初めてのアイヌ文化の体験でとても楽しかった」などの声が聞かれた。

 篠田さんは「まずは終わってほっとした。最初は緊張していたが、私たち自身も楽しむことができたし、アイヌ文化の魅力を体験してもらえて良かった」と振り返った。

↓続きは(とまみん)
白老アイヌ民博の担い手公開講座 来場者、ウポポを体験
https://www.tomamin.co.jp/news/area2/11916/

コメント一覧
うえうえ
オホーツクに消ゆ
江戸時代のアイヌって今の青森県民がイジメ抜いたってマジ?

幕府は何もしてないんだって
そういえば坂本龍一のアルバムで聞いたわ
>>3
早い、早すぎるよスレッガーさん
ニポポ人形
ヌポポ
ウポポ族の戦士アナベベ
ウポッ